HOME 元気ッズ!ふくしまとは? お問い合せ プライバシーポリシーリンク

この木なんの木?勝手に観光大使Vol.10 いわき市薄磯海岸

お待たせしました。

勝手に観光大使のお時間です。

今回紹介するのは、前回のいわき市波立海岸(はったちかいがん)からさらに南下、

いわき市薄磯海岸。

美空ひばりで有名な、塩谷崎灯台のすぐそばにあります。

この木なんの木・・・・

この海岸には不思議なことに木があります。

安全祈願なのか・・・大漁の願いをこめているのか・・・

自然に生えているわけはないと思うので、う~ん・・・

考えてもさっぱりわかりません。

この場所は、郡山ふれあい科学館の第1回月星の風景フォトコンテストで

グランプリを受賞した作品の撮影地です。

すばらしい作品ですので、写真集を購入して見てみるのもいいかもしれません。

木の謎を考えていると一羽の鳥が飛んできました・・・

海岸にいるのは一人と一羽

風が強いのによく耐えるね・・・

すごい風紋

灯台を見るとこんな感じです。

駐車場もわりと広いし、

灯台を見るついでに行ってみてはどうでしょう。

木の謎が解けた人は元気ッズにも教えてくださいね。

それでは次の場所へ移動!!!


福島の初日の出スポット 勝手に観光大使Vol.9 いわき市波立海岸

お待たせしました。

勝手に観光大使のお時間です。

前回紹介した富岡町からさらに南下、

紹介するのはいわき市にある波立海岸です。

読み方は「はったちかいがん」知らないと読めませんね。

ここはテレビなどで流れる初日の出の映像でよく使われる場所。

右側の橋から島に上陸出来ます。

南下していくとすぐ見つかるのですが、

北上して行くときには、トンネルを抜けてすぐのため、

見落とす可能性が大、ですので注意が必要です。

波がそれほど高くない日だったので、(風は強かった~)

橋を渡ってみました。

岩の表面がすごい・・・

橋を渡り終えると、

手すりも柵もないので、

お子様連れの方は目を離さないでください。

あたりまえですが、波が高い日は行けません。

よく、福島の海海岸線は変化がないなんて聞きますが、

見どころはたくさんありますね!

それでは、次の場所へ移動!!


まるで海にそびえる塔・・・勝手に観光大使Vol.8 富岡町小浜海岸

お待たせしました。

勝手に観光大使のお時間です。

中通りに住んでいるせいか、いつも山の情報ばかり・・・

ということで、気分を変えて今回紹介するのは海。

どこに行こうかいろいろと調べてみると、

富岡町に不思議な場所を発見!

さっそく行ってみました!

まるで海にそびえたつ塔・・といったら大袈裟か

恥ずかしながら、

こんな場所があるなんて今まで知りませんでした!

昔はつながっていたそうなのですが、崩落して現在の形になったようです。

望遠で見てみると、

さすがに人は登れないでしょうね

なかなかめずらしい場所のように思うのですが、

いるのは私たったひとり・・・

サーファーの皆さんはすごく楽しそうなんですが・・・

みなさんサーフィンに夢中です

いつものように怪しい人になってきたので、

次の場所に移動!!!!


11月3日(祝)は福島県青少年会館で「こども未来フェスタ」

11月3日文化の日の予定はお決まりですか?
福島県青少年会館では「こども未来フェスタ」が開催されます。
大道芸によりバルーンアートを見たりやミニSLに乗車したり、その他の催しものも盛りだくさんです。



福島の子供は「リコピン」が足りないのでは?

tomato in square
Creative Commons License photo credit: jacki-dee

【元気ッズはもっと「トマト」を食べましょう!】

「生活習慣病の予防」のために、トマトを食べる機会を増やしてみませんか?

最近の研究で、トマトの赤い色素は「リコピン」という成分で、とりわけ「抗酸化作用」が強いこと、抗酸化作用は「生活習慣病の予防」に役立つことがわかってきています。

出典:KAGOMEトマト大学

【生活習慣病予備軍の「福島ッ子」たち】

2009年文部科学省の「平成20年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果について」という調査で、福島県の「肥満傾向児 中学生男子」の順位は全国6位でした。

「肥満は生活習慣病の元」とよく言われ、実際に「尿病・高尿酸血症や痛風・脂肪肝・膵炎」などは、肥満との関わりが深い病気です。

【福島市は全国で最も「ケチャップの消費が少ない県庁所在地」】

政府の調査によると、福島市は「ケチャップの購入数量」は全国最下位となっています。

基本、親が口にする習慣がないものは、その子供も口にする機会がありません(お菓子は別(^_^))。

よって、福島の子どもたちは「ケチャップ」をあまり使わない食生活をしているということになります。

「ケチャップは調味料なので、別に使わなくても問題ないのでは?」と考えがちですが、では、ケチャップの原料となる「トマト」の消費はどうでしょうか?

「※家計調査」によると「トマトの購入数量」は全国37位です、全国的にも少ないことがわかります。

※家計調査(二人以上の世帯) 都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)別ランキング(平成19~21年平均)

今度は福島市で一番有名な滝 勝手に観光大使Vol.7 幕滝

お待たせしました。

勝手に観光大使のお時間です。

早くしないと紅葉が終わってしまうので、

あわてて紹介します。(雪が降ってしまいましたね!)

※行ったのは17日なので・・・

今回は、福島市で一番有名な(と勝手に思っている)幕滝の紹介です。

先日紹介した磐梯吾妻スカイラインの土湯側のゲート

からすぐの温泉(ここも秘境です!)幕川温泉から行くことができます。

時には修行僧が滝に打たれていることもある(らしい)

のですが、水量・落差ともに福島市では多い(高い)レベルかと思います。

あそこで滝に打たれるの?!

行ってみるとなんだか神聖な場所のように感じます。

滝の周りの岩壁の様子がそうさせるのか・・・

右が幕滝

滝の周りの岩壁から水があふれているんです!

初めて行ったのですが、

お気に入りの場所になりそうです!

写真には写っていませんが、

滝の右側に展望台(?)のような場所があるので、

滝壺も上から見ることができますよ。

晴れて日差しがあるときには虹も出るそうです!

温泉からは徒歩で20分くらい、

ちょっと険しいところもあるので、

きちんとした服装で行った方が良いと思います。

ところで、(突然ですが・・・)

まだお話していなかったのですが、

勝手に観光大使を始めた理由を書きたいと思います。

※「元気ッズ!って子ども情報誌じゃないの」・・・って思う人も多いですよね!

たとえば、他の国の人に「お前の生まれた所はどんなところだ?」

と聞かれたら、皆さんなんて答えます?

自分は昔、うまく答えられなかったんです。(はずかしいことに)

勝手にいろいろ紹介することで、

「ふぐしま」のおもしろさをすこしでも伝えられれば・・・

・・・

って、ただ観光が好きなだけなんですけどね・・・


ここは知らないでしょ! 勝手に観光大使Vol.6 秘境の駅「赤岩」後編

お待たせしました。

勝手に観光大使のお時間です。

前回、何か遠くから地響きのような音が・・・

というところで、終わっていました。

音の正体はいったい・・・・

・・・

皆さんおわかりですね!

この駅は山形新幹線「つばさ」が通るんです!

きた~!!

福島方面から山形方面へ

あっという間の出来事でした。

あっという間に轟音とともに行ってしまいました。

ホームへの踏切

赤岩駅にまた静寂が訪れます。

写真にある遮断機は作動しなかったような・・・

下り線は横断してないからなの???

などと考えていると!!

遮断機作動!上り線もきた~

突然、遮断機が作動!!

ホントびっくりさせるよ!!!

近すぎてかなりコワイ

はやっっ!

短時間に上り・下り両方見ることができてラッキーでした!

とはいえ、秘境っぷりを全然表現できていませんね。

最後に途中で出会った生き物と景色の写真をまとめて。

ここまで読んで下さった方、

ありがとうございます。

ここで、元気ッズ!ふくしま冬号の予告です。

次号発行日は12月8日、

注目の特集は、満を持して「新幹線」です!!

子どもたち、そして電車好きのお父さん・お母さん

おたのしみに!!!


ここは知らないでしょ! 勝手に観光大使Vol.6 秘境の駅「赤岩」前編

お待たせしました。

勝手に観光大使のお時間です。

今回ご紹介するのは、全国的にも知る人ぞ知る秘境!「赤岩駅」

存在は知っていたものの、

「車行くにはかなりキビシイよ」

「電車で降りた方が早いんじゃない」

と言われ、なかなか足が向かいませんでした。

冬になったらなおさら行けないじゃないか!ということで、

勇気を振り絞って、行って来ましたよ!

※壮大なリポートのため、2話構成で紹介します。

ここまで来るの、本当に大変です!

途中に看板等の案内は一切ありません!

(この駅を紹介する他の方同様、行き方はあえて紹介しません)

観光大使でなかったら(あくまでも、勝手に)、挫折していたに違いないでしょう。

それでも、この秘境「赤岩駅」には人を引き付ける何かが・・・

まずは、使われていないトンネル・・・

左の土手の上に駅までの道があります。

これ以上進むのは私にはムリ・・・

その昔、スイッチバックのために作られたのがこの赤岩駅だそう。

昔使われていたトンネルが、そのまま残っているようです!

とはいっても、奥に進むと行き止まりになっているそうですが・・・。

そして、誰もいない待合室・・・

ちゃんと時刻表だってあります!

待合室にはノートが!!!

狭いけど、意外ときれいな待合室には「赤岩駅ノート」があり、

駅を訪れた人たちが、いろいろと思い出を綴っています。

日付を見てみると、ほぼ毎日だれかは書いているようですね!

後から聞いたら、ホームには電光掲示板があるそう。

聞こえてくるのは、鳥の鳴き声や虫の羽音だけ・・・

なんだか、時間がとてもゆっくり流れているように感じて、

自分を見つめ直すいい機会だな・・・

などと、似合わないことを考えていると

何か遠くから低い地響きのような音が・・・

・・・

(続きは後編で!)


ちょっとマニアック?飯坂西根上堰

予告編でお届けした飯坂探検。

いよいよ再挑戦してきました!

とはいっても、asakiyoさんのブログで

すでに紹介されていますが・・・。

と本編の前に・・・

注意事項

子どもたちだけで行くことはないと思いますが、

もしも行く場合は必ず大人といっしょに行ってくださいね。

予告編の場所からわき道に進みます。

わき道はこんな感じ

少し進むと青いものが見えてきました。

ここはさわってはいけませんよ!

大きな岩盤をくりぬいたと思われる

トンネルの下に水路があります。

ここで行き止まりかと思うのですが、

実は下の写真のように

少し隙間があるのです。(前回はここを潜れませんでした)

左下に人が通った跡が・・・

勇気を出して進んでみると、

そこには

ちょっとした空間が・・・

あれっ、意外と広いの?

誰かがキャンプをしたような跡があります。

来た道を見てみると・・・

右下が通ってきた隙間

不思議な場所ですね~!

三方がガケ、もう一方は森、足元には水路、

空を見上げると、

中から上を見上げてみました!

木洩れ日が心地良い。

それにしても、すごい木の根ですね!

調べてみると、この場所より少し上流には取水口があるようです。

西根堰の歴史と解説はコチラ→飯坂温泉オフィシャルページ

私が潜ったトンネルも先人達が掘ったものだったのですね!

それにしてもホントに○リブの海賊みたい

ちなみに西根堰には今回紹介した上堰のほかに、下堰もあります。

先日は下堰のウォーキングツアーが開催されたそうです→飯坂温泉ファンサイト

この西根堰もそうですが、まだまだ私たちの知らない

“観光資源”はたくさんありそうですね!

<最後に>

帰り道は特に注意してください!

水路に気をとられて、

道から足を踏み外すおそれがありますので・・・。


スペースパーク11・12月のイベント情報が届きました!オリオン座流星群ももうすぐですね!

郡山ふれあい科学館スペースパークより11月と12月のイベント情報が到着しました!!

11月12月のイベント情報はこちらから

11月は全館企画「ようこそ宇宙ステーションへ!」が開催されます。

科学館全てのフロアで宇宙ステーションや宇宙開発をテーマにさまざまな企画を行うそう。

プラネタリウムの投映をはじめ、宇宙食などの特別展示や宇宙に関する実験、

記念撮影を通して楽しみながら宇宙を体験することができるので、みんなもぜひ行ってみよう!

今月22日ごろのオリオン座流星群といい、宇宙から目が離せませんよ!!!!

ちなみにこのオリオン座流星群、今回を見逃すと次に活発な様子が見れるのは70年後だそうです(驚)

天気が良くても、今年は月が出ているので観察は難しいかもしれませんが、

運が良ければ火球クラスの流星が見れるかも・・・(過度な期待は禁物です)

流れ星が見えますように


うえにいく