HOME 元気ッズ!ふくしまとは? お問い合せ プライバシーポリシーリンク

総合学習の時間にIT講習を取り入れている伊達市立梁川小学校


とつげき!学校ルポ

2009/04/15 元気ッズ!ふくしま vol 5

総合学習の時間にIT講習を取り入れている伊達市立梁川小学校

伊達市立梁川小学校

小学校の授業で設けられている総合学習の時間。いろいろな授業が行われていますが、IT教育を取り入れている伊達市立梁川小学校におじゃましました。

特別非常勤講師の岡崎先生が授業で教えるのは、インターネットや携帯電話の安全な使い方。安全に使えればすごく便利なのだけれど、間違った使い方をすると大変なことになる場合もあるそれらの使い方を、実際の事例も交えて教えていきます。

二本松市立塩沢小学校

ファンクラブの掲示板からメル友になって、実際会ってしまったらトラブルに巻き込まれたという設定のアニメを見ているときには、こどもたちも「ダメだよ~」とか「あ~あ、なんで~」と見入っていました。

ほかにも最近話題のプロフやブログ、メールなどの危険なところを学んだ子どもたち。

実際に聞いてみると、勉強や調べものにインターネットを活用しているなど毎日使っているという子もたくさんいて、「たのしいものとしか思ってなかった」とか、「使い方を間違うとコワイ」など目を丸くして答えてくれました。

インターネット利用の10カ条

インターネット社会でも、普通の生活と同じルールやマナーを守ります。

相手を尊重します。

住所・名前・電話番号などを入力するときは注意します

IDやパスワードなどは秘密にします。

人の間違いを大げさに書き込みません。人の間違いを許します。

メールを送る前に、内容をよく確認します。

面と向かっていえないことは絶対書きません。

知らない人からのメールは絶対開きません。

こまったことがあったら、すぐ大人に相談します。

大人に相談せずにダウンロードしたり、コピーしたりしません。

岡崎 俊彦

岡崎 俊彦

(株)山川印刷所システムマネージャー。
コンピュータ関連書籍・記事を執筆。
伊達市梁川町IT講習講師、
平成12年より梁川町の小中学校6校の特別非常勤講師も努める。



この記事のトラックバックURL

同じカテゴリの記事

最新の記事

 
うえにいく