HOME 元気ッズ!ふくしまとは? お問い合せ プライバシーポリシーリンク

NPOってなーに?


NPOってなーに?

NPOは英語の「NonProfifitOrganization」(ノンプロフィット・オーガニゼーション)の頭文字「N・P・O」をとった略語で、日本語で言えば【利益(営利)を目的としない団体】すなわち【非営利団体・非営利組織】となります。

でも、「NPO=営利を追求する活動をしない」ということではなく、「営利を追求することを主にしない」ということです。一般企業(株式会社等)と違うのは、そこの部分です。

現在、日本では、この非営利団体(市民団体・市民活動団体)やボランティア団体を指して「NPO」と呼ぶことが多いようです。

「NPOとボランティアは違うの??」

前で触れたように、NPOは「非営利団体」ということなので、「団体・組織」に向けた言葉です。対してボランティアというのは「個人」に向けた言葉です。

「ボランティア」というのは個人が自主的に行う活動で、強制されてやることではありません。

また、ボランティアとNPOでは、ボランティアが活動に参加する側であるのに対して、NPOはボランティアが参加する場を作る、参加を求める側であるということも大きな違いになります。

では、ボランティア団体とNPOの違いはというと…。

ボランティア団体は同じような志しを持ってボランティア活動をする人たちが集まって出来たものです。

よってボランティア団体は『動機重視・自己実現型』といえます。

そしてNPOというのは、ボランティアや会員が、何らかの社会的な目的を達成するために組織を作ったものです。そこには会則があり、代表者がいて、事務局がある。組織として必要最低限のものを備えています。

それを踏まえ、営利を目的とせず、自分達の目的を達成するために社会貢献活動を「組織的・継続的」に行っている民間団体は法人の有無に関わらず「NPO」といえると思います。

よってNPOというのは『成果重視・課題解決型』といえます。

「NPOってどんな活動をしているの?」

地域の高齢者のために食事をつくって届ける、里山を守り育てその活用を図る、町並みを保存する、地雷除去・撤廃に取り組む、子どもの虐待を防ぐなど、NPOの活動はさまざまにあります。活動の範囲は、特定の地域に限定したものから、全国、海外に及ぶものなど、団体によってさまざまです。

ランドセルは海を越えて

福島ベンチャークラブ

ランドセルは海を越えて

私たちは、現在、使い終わったランドセルを集めています。集められたランドセルは、ノート、えんぴつ、クレヨン等の文具を詰め、「ランドセルは海を越えて」【主催:(株)ジョウセフ、(社)日本かばん協会ランドセル工業会、後援:(株)クラレ】を通じて、世界でもっとも物資が不足している国のひとつであるアフガニスタンの子どもたちへ学用品と一緒に贈られ、子どもたちによって、再び活用されます。かばんという機能だけではなく、青空教室で学ぶ子どもたちの机代わりとしても、ランドセルは大変貴重な役割を果たしています。

お家の物置などに眠っているランドセルがありましたら、私たちの元へお送り下さい。アフガニスタンで、もう一度ランドセルは輝きます。(宗教上の理由により、豚革製のランドセルはモンゴルへ送られます。)

お問い合わせ先:福島ベンチャークラブ
担当 立花由里子(090-8615-2205) 、渡辺 忍(090-6457-1495)

送付先
〒960-2153 福島市庄野字清水尻1-10 TEL:024-593-2221
(株)山川印刷所内 福島ベンチャークラブ事務局 宛
期限 12月28日

※奉仕活動の一環として活動しておりますので、申し訳ございませんが送料はご負担下さい。
※修理せずに使用できる範囲なら、多少の傷汚れは構いません。

障がいを持つ人も持たない人も共に生きる社会と地域づくりを目指す

特定非営利活動法人 シャローム

障がいを持つ人も持たない人も共に生きる社会を目指し、商店の賛同を得た事業、障がいを持つ人や老人がまちに出たときのお休み所、緊急避難の場としての店、福祉の情報発信の場として、「まちのオアシスづくり」を展開しています。

障がい者コミュニティサロン まちなか夢工房

障がいを持つ仲間たちと市民との交流の場としての「障がい者コミュニティサロンまちなか夢工房」を運営しています。焼きたてパンの販売を始め、70を数える全国の施設の授産製品を展示販売、市民の交流スペースとして広範囲な活動をしています。

合名会社 楽膳

現代漆器

「楽膳」は会津塗の伝統工芸士とNPO法人シャロームデザイナーの共同プロジェクトで生み出された現代漆器(おわん)です。底部に設けた独自のカットが、指のかかりを自然に導き、握力の弱い人でも安心して持てる形になっています。ころんとして愛嬌のあるデザインが食事の時間を、きっともっと楽しくしてくれるはずです。

先日、大人になってもずっと使える「こども楽膳」できました。

お問い合せ先:オフィスシャローム
TEL:024-524-2230 FAX:024-525-8285
〒960-8035 福島市本町5-31 URL http://nposhalom.net/

働くお母さんと子どもを応援します!たのしく始める、野球スクール

NPO働くお母さんと子供を支援する会「KidsBase」少年少女野球団

少年少女野球団

「KidsBase少年少女野球団」とは楽しく始める、をモットーに、4歳から小学校4年生を対象に遊びの延長で野球の基礎基本を学ぶ地域密着型の野球スクールです。この年代は基礎体力、運動神経系が最も盛んに発達します。この大切な時期に野球を通し、お子様の健やかな成長をと願っています。

お願いがあります。お子様が嫌がっているのを無理にさせないでください。嫌々やるのと、自ら進んでやるのでは成長効果がゼンゼン違います。当然我々はこのことを頭に入れ、ほめたり、はげましあいながら我々コーチ陣が指導していきます。定期的に無料体験会(福島・郡山エリア)を開催しています。お気軽にお問合せ下さい。

■森合地区   ふたつやま公園   月曜 15:30~17:30(内1時間程度)
■矢野目地区   ふくしま北中央公園   火曜 15:30~17:30(内1時間程度)
■保原地区   保原総合運動公園   水曜 15:30~17:30(内1時間程度)
■二本松地区   岳下住民センター   木曜 15:30~17:30(内1時間程度)
■信夫ヶ丘地区   信夫ヶ丘緑地公園   金曜 15:30~17:30(内1時間程度)

 

また、私たちは民友新聞社などが展開するキャンペーン「ふくしまエコキャップ運動」を応援しています。家庭、学校、町内会などで出た使用済みペットボトルキャップを集め、世界中の子どもたちにワクチンを贈るキャンペーンです。詳しくは下記まで。

お問い合せ先:NPO働くお母さんと子供を支援する会「KidsBase」少年少女野球団

フリーダイヤル:0120-91-8914 フリーダイヤルFAX:0120-89-7575
URL http://kids-base.jp


この記事のトラックバックURL

同じカテゴリの記事

最新の記事

 
うえにいく