HOME 元気ッズ!ふくしまとは? お問い合せ プライバシーポリシーリンク

お花見にでかけよう!福島の花見情報


お花見

〝花見〟と聞くと桜を連想する人が多いと思うけど、福島県北エリアには他にもきれいな花がいっぱい!!いろんなお花見を楽しもう!

福島市

花見山

「福島に桃源郷あり」と絶賛される里山で、日本を代表する写真家の故秋山庄太郎氏も花見山に魅せられ、毎年撮影に訪れていました。4月には桜、ハナモモ、レンギョウ、モクレンなどの花々が色とりどりに咲き誇り、山々を染め上げます。春の花見山は何度でも訪れたくなる魅力であふれています。
花の種類: 桜、ハナモモ、レンギョウなど
例年の見頃: 4月上旬~下旬

花ももの里

世界中から集めた約40品種の花ももが80アールの敷地に約300本咲き誇り、色とりどりの花々が山肌を彩ります。これだけの花ももの種類を一堂に会して見られるのは日本の中でもここだけです。期間中は茶屋を設置しコーヒーやお茶のふるまいをしております。ごゆっくりご覧ください。
花の種類: 矢口、源平枝垂れ、山桃など約40品種
例年の見頃:4月中旬~5月上旬

仁田沼の水芭蕉・カタクリ

例年、4月の中旬ごろから10万株とも言われる水芭蕉が咲き誇ります。遊歩道沿いに咲くカタクリの群生も美しいです。周辺は遊歩道も整備されハイキングも楽しめます。※散策の際にはスニーカー等歩きやすい靴をご用意ください。
花の種類:水芭蕉・カタクリなど
例年の見頃:4月中旬~

浄土平

ここ浄土平は「磐梯・吾妻地域」に属し、磐梯吾妻スカイラインの中間地点の標高1,600メートルに位置しています。一切経山、吾妻小富士、桶沼にかこまれたこの一帯では、多くの高山植物を楽しむことが出来ます。
花の種類: イワカガミ、ワタスゲなど
例年の見頃:6月~

四季の里

四季の花を愛で、手作り体験も楽しめる、自然の恵みを堪能できる農村公園です。ガラスの絵付け、こけしの絵付けともに1,000円から体験できます。施設のシンボルとなっている直径6m の水車が回る水車小屋では、福島産の桃やラ・フランスなどを使ったアイスクリームも味わえます。
花の種類: シバザクラ、チューリップ、バラ、ハーブなど
例年の見頃:4月~6月

伊達市

つきだて花工房

四季折々の花が舞う里山の自然に囲まれた宿泊施設で、食事や日帰り入浴も楽しめます。5月下旬には施設内のバラやポピーなどが見頃をむかえます。隣接されたつきだて交流館もりもりではピザ焼き体験や布ぞうり作りなど子供から大人まで楽しめる体験プログラムが人気です。
花の種類: バラ、ポピーなど
例年の見頃:5月下旬

やながわ希望の森公園

春には桜吹雪が舞い、夏は水芭蕉とつつじが緑一色に染め、秋にはいも煮会や紅葉狩りが楽しめる場所です。さくらの森には約2ヘクタールの山に6種類、約2,000本もの桜が咲き、園内を走るミニ蒸気機関車(土・日・祝日のみ運行) からも桜並木が楽しめます。黄緑色の花を咲かせる桜(御衣黄)もオススメです。
花の種類: 臥龍梅、桜、ミズバショウなど
例年の見頃:3月中旬~ 4月下旬

国見町

観月台公園

観月台公園は、四季を通して町民の憩いの場とされている公園です。華やかに咲き誇るサクラとそれを映し出す沼の全景がおすすめ写真撮影スポットです。
花の種類: 桜(ソメイヨシノ)
例年の見頃:4月中旬

桑折町

半田山自然公園の桜

標高863m の半田山中腹の半田沼を囲むようにソメイヨシノなど約500本がGW前後に咲き、平野部より遅い時期まで満開の桜を楽しめます。また、5月中旬からはシラネアオイ、6月頃よりヒメサユリなどの希少種の山野草も楽しめます。
花の種類: 桜(ソメイヨシノ他)
例年の見頃:4月下旬より

こおり桃源郷(ピーチロード)

阿武隈川に沿うように果樹園が広がり、桃の開花時期には、一面がピンク色に染まります。この地域の桃は特に上質で、毎年皇室に献上されるほどです。
花の種類:桃
例年の見頃:4月中旬~下旬

二本松市

霞ヶ城公園

桜の名所100選に選ばれている霞ヶ城公園は、ソメイヨシノなど約4,500本もの桜が山全体を包み込むように咲き、その名のとおり霞がかかったような美しさです。期間中はライトアップも行われ、夜桜も楽しめます。また、5月中旬にはフジが、6月中旬にはアヤメが見頃を迎え、園内を彩ります。
花の種類: 桜、フジ、アヤメなど
例年の見頃:4月中旬~ 6月下旬

岳温泉桜坂

岳温泉の中心街から鏡が池に通じる道が通称「桜坂」です。その両側にソメイヨシノの大木が咲き揃い、美しい「桜のトンネル」となります。華やかに色づいた温泉街の散策をお楽しみください。
花の種類: 桜
例年の見頃:4月下旬

羽山の里クマガイソウ園

クマガイソウは薄紫色の花を咲かせるラン科の植物で、絶滅危惧種に指定されています。大切に育てられた約1万株のクマガイソウが群生し、杉林のなかで可憐さを漂わせます。※花の維持管理のため、協力金(300円前後)をいただいております。
花の種類: クマガイソウ
例年の見頃:5月中旬~下旬

合戦場のしだれ桜

八幡太郎義家と安倍貞任・宗任との合戦場として伝わる地に立つ、2本のベニシダレザクラです。「三春の滝桜」の孫桜と言われており、滝が落ちるような見事な紅の花を咲かせます。ライトアップされた夜桜もまた格別です。
花の種類: 桜
例年の見頃:4月下旬

川俣町

秋山の駒ザクラ

樹高21m、目の高さの幹周り5.4m と町内ではまれに見る巨木です。四方に枝を張り、開花時期には、エドヒガンらしい淡紅色の小さな花をいっぱい咲かせます。また、この桜には昔から「八幡太郎駒止めの桜」との伝説もあり、小手地方有数の桜として訪れる人の心を癒してくれます。
花の種類: 桜(エドヒガンザクラ)
例年の見頃:4月中旬

本宮市

蛇の鼻遊楽園

四季を通して花々が咲き誇ります。園内に建つ蛇の鼻御殿は、明治末期、豪農伊藤家の別荘として造られたもので、著名人の書や障壁画も残されています。国の登録有形文化財です。
花の種類: サクラ、チューリップ、ツツジ等
例年の見頃:3月上旬~ 11月下旬

塩ノ崎の大桜

推定樹齢600年のエドヒガンザクラです。高さは約18メートル、幹囲約7メートルの大桜です。毎年4月中旬~ 下旬には、淡紅色の花が満開となり、見る人の目を楽しませています。〈県指定天然記念物: 平成17年4月15日指定〉〈緑の文化財〉
花の種類: 桜(エドヒガンザクラ)
例年の見頃:4月中旬~下旬

日輪寺のしだれ桜

幹が根元より二つに分れた双樹の巨木で、由来については、所有者である諏訪家の墓地の石灯籠に刻まれています。地表近くまで下垂した枝に淡紅色の花が一斉に咲いた時の眺めは誠に優美です。
花の種類: 桜(シダレサクラ)
例年の見頃:4 月上旬~下旬

大玉村

相応寺のしだれ桜

樹齢300年とも言われるこの桜は、相応寺の敷地内にあり、見頃の時期になると境内を一面にピンク色に染めます。その姿は大変幻想的です。
花の種類:桜(ウスベニシダレザクラ)
例年の見頃:4月中旬~下旬

資料提供:福島県観光交流局観光交流課

楽しくお花見をするために

1 敷物

風などに飛ばされないように重石もあると便利です。また、地面が冷たい場合や硬さが気になる場合もありますので、座布団などを準備しておくと重宝します。

2 防寒対策

春になったとはいえ、地域によって夜はまだまだ冷え込みます。ひざ掛けや毛布、子どもたちも防寒着があると良いでしょう。

3 カメラ

せっかくのお花見ですから、思い出や記念として

4 その他

箱ティッシュやウェットティッシュがあるとわざわざ水場まで行かなくてもよいので便利です。また、ポットに沸かしたお湯を入れていけば、温かいもので暖をとることができます。夜桜の場合は、照明となるものがあると便利でしょう。

5 ごみ袋

ごみを持ち帰るのは最低限のマナーです。燃えるごみや燃えないごみなどの分別もありますから、余分に持っていくと良いでしょう。

大人たちは食事やお酒で花見を楽しめますが、子どもたちはそうはいきません。興味のあるものに気を取られ、迷子になってしまうお子さんもいます。人が多い花見会場などでは、お子さんから目を離さないようにしましょう。また、お子さんの突然のトイレなどのためにも、事前に場所の確認をしておくことも大切です。


この記事のトラックバックURL

同じカテゴリの記事

最新の記事

 
うえにいく