HOME 元気ッズ!ふくしまとは? お問い合せ プライバシーポリシーリンク

世界天文年ってなあに?


日食を見る際の注意事項 <重要>

「まぶしくない」=「安全」ではありません!!

太陽の光は強いため、観察の際には危険を伴います。

直接太陽を見たり、誤った方法で観察を行うことは、重大な事故につながりますので、十分な注意が必要です。

 

次の行為はぜったいダメ!!

・肉眼で見る (サングラスをつけてもダメ)

・下敷きで透かして見る

・望遠鏡や双眼鏡で見る

・黒いゴミ袋などで見る

・曇りガラスで見る  などなど

 

世界天文年

 

今年2009年は、イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向け、天体観測を行った1609年から、400年の節目の年です。

国際連合、ユネスコ(国連教育科学文化機関)、国際天文学連合は、この2009年を「世界天文年(International Year of Astronomy:略称 IYA)」と定めています。


世界天文年バナー

スローガンは、「宇宙・・・解き明かすのはあなた」(The Universe: Yours toDiscover)。星降る夜空や日食を見上げて、広大な宇宙の中の地球、そしてその地球上の生命や人間の存在に思いを寄せることで、子どもたちの未来にとってかけがえのないものが生まれるかもしれません。

ガリレオってだぁれ?

1609 年ガリレオは、小型の望遠鏡を改良して本格的な望遠鏡(屈折望遠鏡)を作ったんだよ。その望遠鏡で月を観測し、月は平らではなく、地球のように山も谷もクレーターもあるという最初の天文学上の発見をしたんだ。更に新しい望遠鏡を作って、木星をまわる4つの衛星(ガリレオ衛星)を発見し、その他土星や太陽の黒点まで観測したんだよ。

その業績から、「天文学の父」と呼ばれているよ。

月面クレーター

月面クレーター写真
写真:大野裕明さん

日食のしくみと注意事項

7月22日は福島でも部分日食を見ることができるよ

日食イメージ

福島県内の時間経過

地域によって少々変動あり

日食の始まり
09時58.1分
最大
11時12.6分
 
(食分0.676)
終わり
12時27.0分

 

日食のしくみは?

 



同じカテゴリの記事

最新の記事

 
うえにいく